よしださつき

記事一覧(9)

さらけ出し、海を越える。

自分の内側にあることを、斜めでもなく、そしてオブラートに包むことなく、そのまま外側にさらけ出すことはとても清々しい。この清々しさを一度味わうと、もう後戻りが出来なくなる。逆にもしも口から出るアウトプットを歪めてしまうと、気持ち悪さが後をひく。何を隠そう、こころ館研究員吉田もそんな歪んだアウトプット歴半世紀。「ほんとにその解釈でいいの?」と周囲からつっこまれ続けてきた。心のまま真っ直ぐ、さらけ出しの清々しさを知ったのは、つい最近の話。ようやく心と言葉が一致した状態で生きるようになった。おもしろいもので、”ありのまま”を生き始めると、周りの人にもちょっとした影響を与えるようになる。自分自身の”歪んだアウトプット”に気づく人が現れはじめたのだ。私には「姉」と慕う女性がいる。還暦過ぎた人生の先輩。外国籍のパートナーがいて、ふだんはカリフォルニアに住んでいる。彼女もまた、歪んだアウトプット組。「あなたが私のことを必要だと言うのなら一緒にいてあげてもいい」など口からでる言葉は上から変換。でも心の中に『さみしい』がいっぱいあるのを周りの人は気づいている。そんな彼女、最近まで数ヶ月、私の家に滞在していた。心と言葉の”歪み”が改善された私のビフォーアフターに気づいたかはわからないが、先日アメリカに戻った彼女からメールが届いた。初めて”正直な気持ち”をパートナーに洗いざらい話した。一緒にいるのに寂しかったことや、気持ちをわかってもらえないことなど。いくら心のままを話しても、やっぱり伝わらなかったと。そしてお別れをしたと。ずっと目を背けてきた幸せじゃない2人の関係を、彼女はありのまま直視できたんだ、と思った。何日か後、お別れした彼女のパートナーから連絡が来たらしい。かかりつけのドクターに、『自分の性格のせいで彼女が去った』ことや、彼が長年抱え続けていた辛さをは初めてドクターに全部ぶちまけられたらしい。そうしたらベトナム戦争後のPTSDとの診断がおり、来週から治療が始まるらしい。ドクターもなぜもっと早く訴えなかったのか!?と驚かれていたらしい。彼も、今まで本心を見せたことなど、ただの一度もなかったんだとか。彼女が正直な気持ちを告げることがなければ、彼はきっとこれから先も、長年抱え続けていた計り知れない辛い気持ちを、誰かにさらけ出すことなどなかったかもしれない。お別れという結末ではあったが、先輩の真っ直ぐな言葉のさらけ出しが、一人の人の人生を大きく救った気がする。本当の気持ちは、相手の心に真っ直ぐ届く。ゆえに相手の心が揺さぶられる。揺さぶられるとさらけ出す。こんな構図になっているのかしら。二人とも幸せになってほしい。(*^^*)『さらけ出し』カリフォルニアでも派生中。